THE KIDDIE、解散【3月31日】


2014年12月25日
THE KIDDIEを応援してくれている皆様へ
結成以来、常に誰にも真似できない新しい音楽を求め、突き進んできたTHE KIDDIEですが、
ALBUM『DYSTOPIA』の制作を通じ、
ようやくバンドとして一つの解に辿り着くことができました。

この可能性に溢れた一枚が出来た今、
我々5人はそれぞれ新しい環境に身を置こうという考えに至りました。

2015年3月31日のZepp Tokyoのライブをもって、
THE KIDDIEは8年の活動に終止符を打ちます。

応援してくださったたくさんの方々と一緒に作ってきたバンドだからこそ、
ここまで活動することが出来ました。

その一人一人の想いを曇らすことのない様、
最期の最後まで全力で歌い、奏で、走り切りたいと思います!

                 THE KIDDIE 一同

——————–

THE KIDDIEは、2015年3月31日 Zepp Tokyo公演をもちまして解散する事になりました。
これまで応援して下さいましたファンの皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
何事も常に全力のTHE KIDDIEです。
最後まで全力で活動いたしますので、残り少ない期間ではございますが
何卒 ご支援を賜りますよう よろしくお願い申し上げます。

        2014年12月25日 株式会社シーブロック

December 27, 2014 10:31:37
THE LAST JUDGMENT テーマ:ユウダイ
12.25 渋谷公会堂 「THE LAST JUDGMENT」に集まってくれた皆、
どうもありがとう。

バンドとして、ずっと目標にしていたステージでもあったので、
あの場所に、5人で立つことができたということが、
今までで最高のクリスマスプレゼントでした。

ライブの最後に発表した通り、
僕たち THE KIDDIE は 来年ラストツアー「ユメヲハコブネ」をまわり、
2015.3.31の Zepp Tokyo のライブをもって解散します。

今まで応援してくださった皆様に感謝の気持ちを込め、

後悔の残らないよう、

THE KIDDIE らしく前向きに明るく、

最期の最後まで全力で走り切りたいと思っているので、

一緒についてきてください。

2015年もTHE KIDDIE をよろしくお願いします。
それでは、皆様、良いお年を。

ユウダイ

December 30, 2014 11:46:28
渋谷公会堂 テーマ:そらお
ツイッターとかで、みんながいろんな言葉をくれて
色々な事を考えて悩んでた。

まだ正直、何を言っていいのかは分からないけど
ラストツアーで、みんなに今までのありがとうをちゃんと伝えたい。

結成からずっとさ、喧嘩とかもしたことないし
曲とかもやりたいことをやってきた。

今でも自信を持って、ライブで昔の曲達をやってるじゃん
どの曲も何年後も何十年後も自信をもって最高だって言える曲なんだよ!

とか色々考えてた

遅くなってごめんね

12/25日、渋谷公会堂に来てくれたみんな本当にありがとう。
ステージから見えた景色は、ステージに届いた声は、今までのどの会場よりも凄かった。

ちゃんとみんなお家に帰れたのかなって心配だったけど
そうゆういつもは直ぐにかけれる言葉もなかなか勇気が出なくて、なんて言っていいかは分からないけど色々探してた。

遅くなってしまってほんとにごめん
でも、ちゃんとライブで発表したかったんだ。

ライブ終わってから、その日の渋谷公会堂のライブを何回も家で見てたんだけど

間違いなく結成してから一番のライブだったと思う

当日のリハーサルの時点からメンバーみんな緊張してるのが分かったから
ステージに出るのは俺も不安だったんだけど

この日だけは特別な日だったから、みんなのこの先の人生の中で一番かっこいいライブを見た日にしたいって何ヶ月も前から心の底から思ってたし
ツイッターで宣言したからには嘘をつきたくなかったし

kidd’sのみんなの声とか表情とか
そうゆう大事なものの存在が大きかったからこそ
ステージにたってからの不安とかは一切なくなって堂々とライブが出来たんだと思う。

過去最高のライブにする事が出来たって本当に思う。こんな俺にとっても、THE KIDDIEにとっても。
みんなは本当に大事な存在なんだって改めて思えた。

みんなの事、宝物って前に言ったけど

それはこの先の人生でも絶対変わらない。
俺の一生で忘れない大事なたからもの

渋谷公会堂を人生で一番って言ったけど

ラストツアーで塗り替えるよ絶対。

だからさ、8年間の成長を見に来て欲しい。

全会場、全部、塗り替えようね

byそらお

SPONSORED LINK

タイトルでは基本的に敬称略
ヴィジュ速では記事の追記・修正を行う場合があります