【脱退】LIPHLICH Dr.丸山英紀 脱退【12月15日】


【Dr.丸山英紀/脱退のお知らせ】
平素よりLIPHLICHをご支援賜り誠にありがとう御座います。

この度、Dr.丸山英紀が、2015年12月15日を以って脱退する事となりました。
以前より本人から脱退についての申し出があり、
何度も話し合いを重ねて参りましたが、残念では御座いますが今回の結論に至りました。

これまでご支援頂いていた皆様には、とても残念なお知らせとなってしまい、
また、関係各位には多大なるご迷惑をお掛けしますこと、心よりお詫び申し上げます。

今後のLIPHLICHの公演はサポートメンバーを迎えて活動をして参ります。

今後ともLIPHLICHを何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社フジプロダクション
LIPHLICH
久我新悟
新井崇之
進藤渉

【丸山英紀から皆様へ】

突然のご報告となってしまい申し訳ありません。
2015年12月15日をもって丸山英紀はLIPHLICHを辞任することになりました。

今年の5月くらいから 自身の向上心、バンドに対しての気持ち等でメンバーとの明らかな差を感じていました。
この中途半端な気持ちのまま続けて良いのだろうか?
バンドの練習等よりもプライベートを最優先してしまい、何度もメンバーに迷惑をかけていることもあって、
今のままの向上心でLIPHLICHのメンバーとしてやっていけるのか?という思いがずっと心の中にありました。

そして、腰に痛みを感じ通院するようになった事が決め手となり、
メンバー、事務所に今まで思っていた事、辞任したいことを打ち明けました。

何度も話し合いを続け、メンバーも事務所も辞めないでほしい、このまま僕の気持ちが変わるまで待つ、と引き止めてくれたりしましたが、
最近更に腰の痛みも悪化してきたこともあり、どうしても気持ちが音楽やバンドに向かず、12/10のライブが終わり落ち着いた時に行った最終的な話し合いの時に、やっぱりバンド、LIPHLICHを続けられないという気持ちをメンバーに伝えました。

メンバー、事務所、応援してくれていた皆様に対して、本当にこの様な形になってしまい申し訳ありません。

また、僕のモチベーションが続かない、表舞台での活動を出来るだけ早く退きたい、
というわがままでお別れのライブも出来ないまま、このタイミングで急な発表になってしまったことをお許しください。

今まで応援して頂き、本当にありがとうございました。

丸山英紀

SPONSORED LINK

タイトルでは基本的に敬称略
ヴィジュ速では記事の追記・修正を行う場合があります