【LIPHLICH】久我新悟、症状悪化のため当面の間休養


2014-04-18 15:51:11
《LIPHLICHより緊急のお知らせ》
テーマ:marder suitcase
《LIPHLICHより緊急のお知らせ》

平素はLIPHLICHをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

3月初旬~中旬にかけ、LIPHLICHのVo.久我新悟が喉に違和感を訴え、
病院での診察を受けましたところ「慢性声帯炎及び声帯ポリープ」との診断を受けました。

その後、病状が一時的に快方に向かい、公演に復帰をしておりましたが、
本日、病院での定期診断を受けたところ、医師より、
「予てからの症状の悪化/当面の間の休養・安静が必要」
との診断を受けました。

Vo.久我新悟からの報告を受け、LIPHLICHメンバー/株式会社フジプロダクション/関係各所との協議の結果、
誠に残念ではございますが、本日以降より当面の間、Vo.久我新悟は休養とさせて頂き、
明日からの公演は、Vo.久我新悟を除く、Gt.新井崇之/Ba.進藤渉/Dr.丸山英紀の3人で行います。

4人揃ってのLIPHLICHの公演ならびにイベントを楽しみにされておりました方には、誠に申し訳ございません。
また、お客様・関係各所に、度々ご迷惑お掛け致しますことを、深くお詫び申し上げます。

何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

株式会社フジプロダクション
LIPHLICH

※本件に関するお問い合わせは以下のメールアドレスまでお願い申し上げます。
liphlich@fuji-pro.net

2014-04-18 18:02:36
自身の休養について
テーマ:久我新悟
この度、3月に診断された「慢性声帯炎及び声帯ポリープ」で
2週間休養をした後にライブ復帰をしたのですが、
本日の定期診断で症状の悪化がみられ、当面の休養・安静をするようにとの診断を受けました。

またかよ、と自分自身で1番感じています。
1度は休んだ身なので、もう休むわけにはいかない、
このまま調整しながらライブ活動を続けていこうと考えていました。
それと一緒に声が元に戻らなかったらどうしようという恐怖もありました。
そしてメンバー・事務所との話し合いで、回復に向かう確証もないままライブ活動を続けるよりは
先のことを大事にして休んだ方がいいという結論を出しました。
実際ここ数本のライブではもはや心配をかけさせるような歌声でしかなかったと自分でも思っています。

常にそうではありますがバンドにとって大事な時期に自分が原因で万全な活動ができないことに
ボーカルとしての責任、LIPHLICHの核の部分を引っぱる者としての責任、
ファンがいて在ることができるアーティストとしての責任、
1人の人間としての責任がのしかかってきます。
考え出すとどうしてもネガティヴな思考も出てきてしまうけど、
今僕自身がネガティブであってはどうしようもないのも分かっています。
協力してくれる大切な人達に対して
大切なメンバーに対して
大切なウェンディに対して
普段から自分の気持ちを歌詞に書いている人間が、こういう時に今の自分の気持ちをうまく言葉にすることができないのが、月並みな言葉しか頭に出てこないのが情けなく歯痒いです。

ごめんなさい。
ありがとう。
とにかくこの両方を伝えたいです。

だからこそ早くライブに復帰できるようにここで必ず完治させて戻ってきます。
必ず元の声を取り戻して復帰します。こんなところでLIPHLICHの足止めをさせたくない。
待っていてください。よろしくお願いします。

久我


心配ですね。早く完治することを願ってます!

【LIPHLICH】久我新悟、慢性声帯炎及び声帯ポリープとの診断を受ける

SPONSORED LINK

タイトルでは基本的に敬称略
ヴィジュ速では記事の追記・修正を行う場合があります