レイヴ Gt.みくる 逝去【2016.10.26】


2016.11.02(水)
【レイヴを応援してくださる皆さまへ】
レイヴ みくるは治療に専念するため、無期限活動休止を8月にご報告いたしましたが、
その後の検査により、長期の治療を余儀なくされました。
レイヴの活動に必ず戻ってくるという本人の強い心持ちで、病と戦い続けておりましたが、
2016年10月26日(水)午前4時51分永眠いたしました。
生前の本人の意向により病名は伏せさせて頂きます。

皆さまには、これまでレイヴ みくるをたくさんの愛情で応援して頂きまして、心より感謝申し上げます。
生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせいたします。

通夜並びに葬儀は近親者のみで執り行いましたことをご報告させていただきます。

ファンの方とのお別れの会として、献花式をみくるが育った思い出ある福岡と東京にて
下記の通り執り行わせていただくこととなりました。

■レイヴ みくる献花式
日時:2016年11月14日(月) 受付時間:16時~19時
場所:DRUM Be-1 (福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-29)

日時:2016年11月14日(月) 受付時間:16時~19時
場所:渋谷ZEAL LINK B1Fイベントスペース (東京都渋谷区宇田川町4-10宇田川ビル)

ご参列頂く皆様へ
・献花式用のお花に関しましては、1輪もしくは花束をあらかじめご持参ください。
・花輪、バルーン等の大きなアレンジ花の郵送、配送、当日のお持ち込みはお受けできません。
・当日は平服でお越しください。
・受付時間内でしたら、どなたでもご入場頂けます。
・前日から会場付近への並びはお控え下さい。
・会場内の写真撮影、映像撮影はお控え下さい。
・プレゼント等はお受け取りできません。
・手紙に関しては責任を持ってそのままご親族へお渡しさせて頂きます。
・レイヴメンバーの参加はございません。

■お問い合わせ
PS COMPANY TEL:03-5913-9008 (平日12:00-18:00)
GreeN Music TEL:092-714-0230 (平日12:00-18:00)
※DRUM Be-1、ZEAL LINKへのお問い合わせはご遠慮ください。

メンバーはみくるの意志を受け継いで今後もレイヴの活動を全力で努めてまいりますので、
引き続きレイヴへの温かいご声援を何卒よろしくお願いいたします。

レイヴ レン、nisa、悠、凪
PS COMPANY 代表取締役 尾崎友美

これまでと、これからと。
2016-11-04 00:45:18
テーマ:ブログ
改めてですが

公的に発表された通り、大切なメンバーであるみくるが10月26日、午前4時51分に永眠しました。

言葉や文字にできない気持ちです。
近い言葉でいうなら、本当に残念でなりません。

何より、必ず治して復帰するという強すぎる意思で病気と闘ったあいつが悔しいと思います。

ファンのみんな、そしてみくるのファンのみんな。
辛いよな。悲しいよな。

みくるに会いたいよな。

俺も同じ気持ちです。

少し馬鹿げた話に聞こえるかもしれないけど、俺はまた必ずみくるに会えると思ってます。

確かに、現実世界では会えないけど。
記憶の中だったり、夢の中だったり、俺も人間だからいつかは息絶えます。死後の世界?はたまた来世かな?
今までの音源を聞けばあいつが奏でた音があります。あいつが創った曲もあります。

どうか、忘れないであげてください。
それたけでレイヴのみくるは生き続けると思います。

それと、病名を伝えることが出来なくてごめんね。納得できないって子もいると思うし、沢山の憶測も飛び交うと思う。
本人の意思なので、僕からも病名を伝えることは出来ないけど、前も話した通り精神的なモノとか、変な病気とかじゃないです。
いっしー、言わんでって言ったやん。って言われそうだからこの辺にしときます。

少し個人的な事も書きます。

8月の4周年公演をリキッドで終えてからの2ヶ月間、自分自身ものすごく悩んで沢山の迷いが生まれました。
最近元気ないけど大丈夫ですか?ライブ楽しいですか?って声も沢山貰いました。

みんなを楽しまなせなきゃいけない立場なのに、楽しみに来てくれてるのに、そう思わせてしまって本当にごめんなさい。

みくるのお見舞いにも全然行けませんでした。

本当に色んなことを沢山考えすぎて、自分自身凄く押しつぶされそうになりました。

そんな僕に気づいたのか、事務所の社長から連絡があり、みくるくんのトコに行くよ、と引っ張られて行きました。
約2ヶ月ぶりにみくるに会いました。10月半ばの話です。

石田が下手が寂しいってるよ〜なんて、自分の口から言えないような事も言われたり。

前と別人みたいな目で「大丈夫」って、それだけ言われました。

本当にこいつ闘ってるんだなって思ったし、凄いことだとも思いました。
そして何より、今の自分が情けなくて仕方なかった。
悩んでたこととか迷ってることも不思議と一瞬で吹っ飛んで、あいつが前を向かせてくれました。

その日があいつに会うのは最後になってしまいました。

もっとやりたかったことや見たかった景色沢山あったと思う。
今年の初めに解散の話が出た時、みくるは武道館のステージに立ちたいって言ってました。
大きすぎるその夢を叶えるためにも、しっかり前を向いて頑張っていこうと思います。
レイヴのみくるって存在も、ファンのみんなの居場所も、守っていけるのは俺たち自身です。

だから今すぐになんて言わない、気持ちの整理がついたらでいいから、俺たちに会いに来てください。

これからも俺たちは夢を追い続けます。
夢を与え続けます。

るんるん

4年間、色々あったけど本当に楽しかったね。
沢山語り合ったり一緒に音出したり、辛いこととか大変な事、ぶつかった事も沢山やったね。
最初会った時は一緒にバンドするなんて思ってなかったけど、るんるんとバンドできて本当によかった。
もう迷わんけん、下手は俺に任せて、今はゆっくり休んで。
そして葬儀の弔辞でレンレンが言った通り、また何百年でも何千年後でもいい、またこの5人でバンドしよう。絶対ね。
じゃあ、またね。

2016/11/04
2016-11-04 01:53:18
テーマ:ブログ
言葉に出そうと思ってもでて来ない。

この感情をどう表現すればいいか分からない。

悲しい?寂しい?辛い?

きっとその言葉はでて来ない。

るんるん

生まれ変わってもまた会おう。

またあの駅で待ち合わせしよう。

また一緒にスタジオに行こう。

また一緒に音を重ねよう。

また一緒に笑って、喧嘩もしよう。

るんるんとの思い出は心の中に大切にしまっておきます。

るんるんお疲れ様。最後に見たるんるんの顔は最後まで戦い抜いた漢の顔でした。

どうか安らかに。ゆっくり休んでくれ。
 
るんるんの想いは一緒に連れていく。一緒にでかいステージに行こう。

またな。

396
2016-11-05 03:20:14
テーマ:ブログ

2016年10月26日午前4時51分
レイヴ ギター みくる が永眠しました。

正直、未だに実感が湧きません。

最期の顔も、
頑張って 病と戦ってきた姿であるけど
表情はいつも移動中の機材車で寝てる
いつものるんるんの寝顔のようで。

想えばるんるんと出会ったのは約5年前。
たった5年なんだけど、凄く濃い5年間を過ごした気がするよ。

前のバンドで出逢って、
その頃、一番優しくて人当たりが良かったのが彼でした。

「るんさん!」
こう呼んで会う度にギターの話をしていたのを今でも思い出します。
るんるんとは育ってきた音楽が似ていたから、
他の誰よりも音楽の話が合った。

レイヴになってから、
俺の前のバンドの解散ライブに出てくれて
出順一番目なのに40分押した、なんて事もあったよね。

ずっとデザインとかでレイヴに関わっていて
俺がレイヴのサポートでギターを弾くことになった時、
初めて2人でギターを弾いたね。
「ここは俺が弾く」
「ここはこうアレンジしよう」
なんて。

レイヴに俺が正式に加入する事になって、
るんるんのギターと向き合うようになって、
今まで知らなかったるんるんの部分が見えて。
こんなに音楽に真面目な人なのか、って知ったんだ。

るんるんは優しくて、
でも少し怒りっぽくて、
嘘ついても顔に出てて、
誰よりも争いを好まなくて、
誰よりも空気を読んで、
でもギターや音楽に関することは意見を曲げなくて。

九州に居た頃は、
スタジオに行く時やライブに行く時
いつもるんるんが迎えに来てくれたり
送ってくれたりしてたね。
当時は言えなかったけど、
本当にありがとう。
上京してるんるんを家に送る時、
少しでも嫌な顔をしちゃってた事、
今でも悪かったなって思ってるよ。
ごめんね。

事務所に所属して、上京して、
色んな人と関わる機会が増えて。
るんるんのギターは驚く程変わった。
俺が危機感を感じる位、
るんるんの進化と努力に
驚き、羨み、そして嬉しかった。

るんるんが体調悪くなってきた時、
誰にも言わず1人で抱えてて。
なんで俺はそんな事も気付けなかったんだろう
って今でも後悔してるんだ。
優し過ぎるんだよ、るんるん。
もっと俺らを頼ってくれても良かったんだよ。

入院しても、
ずっと前向きで
最後までギター弾きたいって言ってて、
痛みや苦しみを一切お見舞いに行ってる俺らにも御家族にも言わず、
挙げ句の果てにお見舞いに来ていた俺らの体調を心配して。

本当に優しくて過ぎるよ。
気を遣い過ぎてるよ。

でも強かったんだ。誰よりも。
頑張ってたんだ。誰よりも。

最後にお見舞いに行った時には普通に話せてて。
本当に今でも信じられないよ。

報せを聞いたその日、
沢山の関係者の方々が来てくれたね。
大先輩や後輩、同期のバンドマンや楽器関係、事務所の方々…。

夕方に連絡しても夜には来てくれる、
そんな沢山の人の心を掴んでいたるんるんが本当に今でも羨ましいよ。

るんるんの創る曲達はいつもどこか優しさが溢れていて、
どこか懐かしく、心地良くて。

そんなるんるんの曲達はずっと俺らが大切に守っていくよ。いつまでも。

一生懸命病と戦って頑張っただろうけど
この世にきっと心残りもあるだろう。
そんな心残りを俺らでよければ
勝手に背負って頑張っていくよ。

ずっと見守ってなくても良い。
勝手に耳に、目に入るように頑張って成長するから。
るんるんのやりたかった事、
少しでも俺らが叶えるから。

だから安心して、今はゆっくり休んで
今まで弾きたかったギターをそっちで夢中に弾いていてね。

姿形はなくなったのかもしれないけど、
心と音楽はずっと残るから。

最後に、
みくるの事をずっと気にかけて世話してくださった所属事務所の方々、
社会的には第三者であるバンドメンバーを最後までよくして頂いた御家族の方々、
献花式の場所を提供、お手伝いしていただけるLIVEHOUSE DRUM、ZEAL LINK、GreeN Musicの方々、
ご心配をおかけしたにも関わらず優しい言葉を掛けて下さった関係者の方々、
みくるの生前関わって下さった皆様、
そして応援してくれてるファンの皆、

この場を借りて、
本当にありがとうございました。

11月14日、急ではありますが
沢山の方々のご好意により
みくるの故郷である福岡と東京で献花式を行わせていただきます。

そこで心に踏ん切りをつけろとは言いません。
言えません。そんなの無理です。

ずっとギターのレコーディングもうちでやっていたから、
その時座っていた椅子を見るだけで
俺だって心が落ち着かなくなります。
曲を聴いただけでもそうです。

ただ、皆の中に少しでもみくるという存在を残してほしい、
そしてみくるに少しでも「お前こんなに沢山の人に愛されてるんだぜ」って。

是非、足を運んであげて下さい。
お願いします。

今頃きっと大好きな音楽に囲まれてるだろうな。

俺らは何があってもずっと今まで前を向いてきた。
今もそう。
みくるの為にも前を見据えています。

だから応援してくれている皆も、
心の整理が出来たら一緒に前を向いてくれたら嬉しいです。

逆風が吹いても立ち向かっていくぞ!
俺らと、みくると、ファンの皆で!

やれる事はやっていくんだ。

もう後悔する人生にはしたくないから。
させたくないから。

少しづつでもいいんだ。
一緒に歩むんだ。

出逢ってくれてありがとね。るんるん。
優しい世界、一生懸命生きるね。

nisa

SPONSORED LINK

タイトルでは基本的に敬称略
ヴィジュ速では記事の追記・修正を行う場合があります