【LIPHLICH】久我新悟は危険な男!?



【一部抜粋】

LIPHLICHは色々な経験を積んできたと自負しておりますが、この日はVo不在という状態でのLIVEとなりました。
当然初めての経験です。

久我君がギタリストであった頃からの付き合いですからね。
改めて「Voになったのだな」と思う瞬間でもありました。

そんな訳で初めての演奏陣だけでのLIVEでしたが、本当に楽しい一時でした。
LIPHLICHの演奏陣の底力を感じる事が出来ました。
普段私はそんなに声を出しませんが、この日ばかりは会場に響き渡る声を披露したはずです。
皆様の声が聞こえた時は、心底感謝致しました。

そして、何よりも特筆すべきはステージの安全性の向上。

舞い踊るマイクスタンド。
飛び散る装飾品。
絡み付く野獣。

この日は何もありません。
舞い踊っていたのは我々の方でした。

SPONSORED LINK

タイトルでは基本的に敬称略
ヴィジュ速では記事の追記・修正を行う場合があります